オリゴ糖の摂取方法

オリゴ糖を摂取する際には、砂糖の代わりとして使うのがおすすめです。例えばヨーグルトやトーストに掛けるなどそのままでも十分美味しく食べることができます。砂糖と比較すると少々甘みが少ないため、物足りないと感じる人も多いかも知れません。しかし、甘みが少ない分カロリーも少ないため、便秘改善だけでなくダイエットも意識するなら積極的に使いましょう。

オリゴ糖は砂糖と同じく熱に強いという特徴を持っています。そのため、加熱しても味が落ちることはありません。このことから、料理にも使うことができます。いつもの料理の砂糖代わりにオリゴ糖を使用してみましょう。特に煮物類は砂糖を使うことが多いため、オリゴ糖を使いやすいでしょう。オリゴ糖の接種方法として意外にも好評なのが、ご飯を炊飯する際にオリゴ糖をプラスする方法です。やり方はとても簡単で、ご飯を炊く際にオリゴ糖を入れてよくかき混ぜるだけです。オリゴ糖の甘みがご飯をより美味しくしてくれるため、ぜひ試してみましょう。ご飯なら毎食食べるため、簡単にオリゴ糖を摂取することができます。

便秘改善のためにオリゴ糖を摂取するなら、できるだけ毎食摂取することが望ましいとされています。そのため、紹介したように料理やご飯に混ぜるなど工夫をして毎食しっかりとオリゴ糖を摂取しましょう。

腸内環境を整える

砂糖と比較するとカロリーは約半分で、そのうえ便秘を改善することで知られているのがオリゴ糖です。オリゴ糖は善玉菌を優勢にし便秘を改善する効果がありますが、具体的に腸内でどんな働きをするのか見ていきましょう。

腸内環境を大きく左右しているのが腸内に存在する常在菌です。善玉菌が多ければ腸内環境は正常に保たれますが、悪玉菌が多くなると腸内環境は悪化してしまいます。そのため、正常な腸内環境を維持するには善玉菌を増やすことが大切です。善玉菌を増やす際に活躍するのが、オリゴ糖です。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌を活発にする効果があります。そのうえ、オリゴ糖は他の糖類と比べると消化されにくいのも特徴です。多くの糖類は小腸で消化されてしまうため、腸内環境を整える効果はそれほど期待できません。しかし、オリゴ糖は消化されずに大腸まで届くため、腸内環境に直接働きかけることができます。

腸内環境が悪化すると便秘になってしまいますが、便秘は更に腸内環境を悪化させてしまいます。そのため、腸内環境を正常化させないことには便秘を改善することはできません。ぜひ毎日の食生活にオリゴ糖を取り入れ、腸内環境の正常化を目指しましょう。

オリゴ糖で便秘改善

女性に多い悩みのひとつが便秘です。女性は男性よりも骨盤が広いため、腸に便が溜まりやすいと言われています。そのため、男性よりも女性の方が便秘に悩む人は多いと言えるでしょう。

便秘の原因はいくつかありますが、水分不足や運動不足、ストレス、腸内環境の悪化などが考えられます。便秘を改善するためには、まずは原因をしっかりと把握してそれに応じて対処していくことが大切です。例えば、運動不足が原因なら運動を心がける、水分不足が原因ならば水分を摂ることを心がけることで便秘が改善しやすくなります。原因に合った対処をしなければ便秘は改善されないため、まずは原因を探る必要があります。腸内環境の悪化による便秘の場合、腸内環境を整えることが改善に繋がります。腸内環境を整える効果があることで注目されているのがオリゴ糖です。オリゴ糖とは3種類から9種類程度の糖類が結合した化合物のことを指します。主な種類としては、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、アラビノオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖があります。

ダイエット中は便秘になりやすく、オリゴ糖を摂取する人も多いようです。しかし、ダイエット中はやはり糖分の摂取が気になります。しかし、オリゴ糖は砂糖と比較すると含まれる糖分が少ないため、ダイエット中にももってこいの食品です。このように女性を中心に注目されているオリゴ糖ですが、具体的にどんな効果が期待できるのかをまとめました。また、オリゴ糖の効果的な接種方法も紹介します。